西原の階段長屋

日照と眺望に恵まれたひな壇状の南斜面地に建つ3戸の長屋。国内の木造長屋としてはほとんど先例がないロ準耐1号建築の計画。外壁を1時間耐火構造とすることで,火災時にも安全で,内部の柱梁を現しとした竪穴区画のない開放的なインテリアを実現している。都市部に建つ木造長屋の先導的事例となることを期待している。

西側外観。相互に貫入する3戸のボリューム。外装はガルバリウム鋼板。ボリュームごとに異なる葺き方を採用している。
南側の引き込み道路からのアプローチ。道路の突き当りに見える重層的な3つの立面。

■斜面地に重層長屋を木造で建てる

敷地は日照と眺望に恵まれたひな壇状の南斜面地にあり,南北に細長い形状を持つ。オーナーはこの敷地の西隣に住まわれており,本計画の敷地と併せて二区画を所有されている。オーナーはこの敷地に建つ戸建て住宅を3戸の長屋(オーナー住戸+賃貸住戸)に建て替え,自らが移り住むことを計画された。

国内の長屋としてはほとんど先例がないロ準耐1号建築の計画。全体として4層(地下1階,地上3階),地上部分は木造3階建てでありながら,外壁を1時間耐火構造とすることで,火災時にも安全で,内部の柱梁を現しとした竪穴区画のない開放的なインテリアを実現している。本敷地のような隣地と近接した都市部に建つ木造長屋の先導的事例となることを期待している。

■3つのボリュームが相互に貫入する連続体

このひな壇状の敷地には3つのレベルがある。最も低い南の道路レベルとその中間のレベルにはそれぞれ賃貸用住戸,敷地北側の一番高いレベルにはオーナー住戸を配置することとした。南北に長い敷地だから,高低差があるとはいえ,ただ直線的に並べただけでは,北側の住戸の採光と眺望は損なわれる。どの住戸からも良好な眺望が得られるようにボリュームの配列の調整を行った。具体的には,賃貸用の2住戸をメゾネット,オーナー住戸をトリプレットとし,それぞれ平面的に交互にずらしながら,断面的には地形に沿って階段状に配置し,下階の住戸の屋根をリビングとつながるルーフテラスとして利用することを試みた。平面的にも断面的にも互いのボリュームが貫入しているため,自ずと界壁と界床のラインは複雑なものとなるが,防耐火ラインが途切れないよう注意深く設計している。外装は周囲の環境を敏感に映し出すシルバーのガルバリウム鋼板で統一されているが,各住戸のボリュームごとに葺き方の工法が異なる。遠景からはひとつの連続体として認識される一方で,近景からは各住戸のボリュームが分節され,長屋としての「一体性」と各住戸の「独立性」という背反する特徴が共存するような建築を目指した。

■大階段の体験を室内に取り込む

初めて敷地を訪れた時,敷地南端にある末広がりの大階段がとても印象的であった。「住まう」ことは時間と空間の経験に他ならないわけだから,この敷地の地形を上り下りする経験を新たな住まいにおいてもなんらかの形で埋め込むことがとても重要に思われた。ここでは敷地の勾配に合わせた末広がりの室内階段を設計し,外部と内部の空間体験の連続性をつくりだしている。階段部分の屈曲した外壁は,ロ準耐1号の要件である「外壁及び屋根の構造的な自立」を担保することにも貢献している。

■敷地境界線を設計する

各住戸に対し異なるレベル・方角からアプローチを計画することで,地形とユニークな立地を活かした特徴的な空間体験を生み出すことを目指した。設計の初期段階で,西側の引き込み道路(私道)に接道するように敷地西側を一部拡張(下図オレンジ部)している。(オーナーの現住まいの土地を一部割譲)これにより,高齢のオーナーが,階段を上らずに敷地西側の私道からそのままフラットに玄関にアプローチできるようになった。

住戸C・寝室2。ロ準耐1号の利点を生かし,室内は木構造の現しと木質系の仕上げとする。
南側アプローチ。左手は住戸Aの玄関。右手大階段を上ると住戸Bの玄関がある。
住戸A・リビング・ダイニング1。3面採光の明るい空間。バルコニーを介して南側前面道路へとつながる。
住戸A・リビング・ダイニング1。FLは階高の1/4程地下に埋まっている。腰壁部分をインテリアラーチ合板とすることで,RC/木造の切り替わりラインを正直に表現すると同時に,室内からでもグランドレベルが知覚できるように考えた。
住戸B・廊下4。敷地南側大階段の延長線上に配置した住戸Bの階段。外部から内部への連続する空間体験を重視している。正面のガラス越しに見えるのは子供室2。
住戸B・キッチン2からリビング・ダイニング2を見る。正面の大開口からルーフテラス1につながる。
住戸B・ルーフテラス1。小さな段差によって家族がくつろげる居場所をつくる。地形的なニュアンスを持つテラス。
床にはプランターが落とし込まれていて,ガーデニングを楽しむことができる。
住戸C・リビング・ダイニング3。室内からルーフテラス2さらにその先の風景への眺望。右手は寝室4.普段はリビングと一体的に利用する。
住戸C・廊下6。居室,廊下,階段がゆるやかにつながる。
住戸C・リビング・ダイニング3。寝室4は大きな木製建具(開き戸+引き戸)により仕切ることができる。建具らしさを感じさせない抽象的な一枚の木の壁に見えるようにデザインした。閉めると藍色の壁が現れる。
西側夜景。住戸Cへのアプローチ。かつて茶畑であった歴史からお茶の木を植えている。手前は隣のオーナー宅から移植したキンモクセイ。

Detailed Information

  • 用途 : 長屋
  • 構造 : 木造一部RC造
  • 階数 : 地上3階,地下1階
  • 建築面積 : 125.59m²
  • 延床面積 : 242.54m²
  • 設計協力 : 防耐火コンサルタント:安井昇
  • 構造設計 : 平岩構造計画
  • 設備設計 : Lapin設備設計工房
  • 外構設計 : インタースペース・アーキテクツ
  • 施工 : 山菱工務店
  • 撮影 : 中川敦玲