【高断熱・高気密の省エネルギー住宅の相談承ります】

1980年に「旧省エネ基準(昭和55年基準)」が制定されて以降,1992年に「新省エネ基準(平成4年基準)」,1999年に「次世代省エネ基準(平成11年基準)」と段階的に強化されてきました。その後,2015年に「平成28年省エネルギー基準」され,現在に至ります。この平成28年基準の断熱性能は次世代省エネ基準と同じ内容です。つまり20年前の古い基準のままであり,地球温暖化による気候変動を食い止めようとする流れができる前の,国際的にみても著しく低い省エネ性能となっています。日本は建築の省エネルギーに関しては,世界的な潮流から取り残されたガラパゴスであるといって過言ではありません。
こうした,環境性能の低い住宅で暮らすことは,エネルギーの損失,ランニングコストがかかるだけでなく,ハウスシックやヒートショックなど健康被害ももたらします。いくら高効率のエアコンや暖房設備を設置しても,建物の断熱性能がしっかりしていなければ,エネルギーを無駄に消費することになります。例えば,開口部を樹脂サッシ+トリプルガラスを採用する。また,建物全体の断熱材を国際基準まで強化すると大変快適で健康的な生活ができます。当然高性能の建物をつくるのにはお金がかかりますが,こうした建物は電気代,ガス代が大幅に節約できますので,初期コストも長い目で見れば回収することができ,お得な投資であると言えます。
貴方も長寿命,高性能の省エネルギー住宅に暮らしてみませんか?弊社では,こうした環境建築の設計に実績がありますので,関心のある方はお気軽にご相談ください。