学園大通りの家

01
1F土間.住居内を貫通する路地のような屋外的空間.壁・天井は調湿性を有する多機能ケイカル板.床は熱容量が大きいタイル貼り

 

02
北側全景.T字型の大きなワンボリューム.外壁は漆喰塗り

 

孔/緩衝体

5人家族(夫婦+幼児2人+父)のための住宅。敷地は、北九州市郊外、学園都市内の新しい住宅地の一角にある。北側の前面道路と南側の空地を接続するかたちで、南北に長い2層吹抜の土間空間を設け、これを介して東西に居室を配置する。「土間」には、ふたつの性格がある。ひとつは、南の空地と道を繋ぐ立体的な「孔」であり、住居内を貫通する路地のような空間である。東側の広くて明るい居室のエリアと西側の小さくて比較的開口を絞った水回り・寝室のエリアの間に介在し、両ゾーンを柔らかく分離する。日常的な生活の移動(例えば水回り)と居室の往来には、必ずこの空間を通る仕組みになっている。ふたつめは、室内環境における、大きな緩衝装置としての性格である。冬季では、日射量が多い場合に集熱・蓄熱部位(温室的な役割)、日射量が少ない場合には、室内と屋外の間の緩衝空間としての機能を持つ。夏季・中間期では換気・通風を促進させ、土間の熱容量を利用したパッシブクーリングを行う。

呼吸する壁

パッシブ的な手法により、可能な限り空調設備に頼らずに、快適な室内環境を実現することをめざした。居住者が日々、時々刻々の天候、環境の移り変わりを感じ取り、それに応じて、室温や日射を調整しながら暮らす。建築的には、土間の壁面(居室部との境界)を、モードに応じて開閉可能な建具をしつらえ、日射遮蔽性能をパッシブ/アクティブに変えられるようにした。外壁の気密性に比して、土間と居住域の壁ははるかに低く設定している。内外の環境変化に応じて、自由に空気の制御が可能な「呼吸する皮膜」としての壁をイメージした。

03
2Fブリッジより見る

 

plan2F
plan1F
diagram

平面ダイアグラム

室内外の緩衝体として、南北に長い土間を設け、その両側に居室を配置する。両ゾーンの境界に、モードに応じて開閉可能な建具をデザインする。

04-1
土間/解放時

 

desc-summer

夏季

夏季・中間期では、外部建具と土間の建具を開放し、換気・通風を促進させ、土間の熱容量を利用したパッシブクーリングを行う。盛夏のアクティブモードの場合には、土間との境界を閉め切り、居室に限定したエアコン空調(各室個別制御可能)を行う。

04-2
土間/閉鎖時

 

desc-winter

冬季

日射量が多い場合には、シーリングファンにより、上下温度分布を解消するとともに、土間への蓄熱を促す。日射量が少ない場合には、土間の建具を閉めることで、土間が室内外の緩衝空間の役割を果たす。夜間は蓄熱部位からの放熱で暖をとる。アクティブモードの場合には、土間との境界を閉め切り、居室ゾーンのみ暖房(各室個別制御可能)を行う。

05
北側夜景。南北に長い2層吹抜の土間空間。手前の前面道路と奥の空地を接続する

 

06-1
個室から土間を見る。自然光で満たされた土間空間。光が拡散するように白色の仕上げで統一している。対比的に居室は木質系の仕上げとし、 土間から間接的に光を採り込む

 

06-2
リビング・ダイニング。建具を開放すると土間と連続する。天井は構造を意匠として現す

 

07
1F 土間からリビング・ダイニングを見る

 

section

 

Detailed Information

  • 敷地 : 北九州市
  • 用途 : 住宅
  • 構造 : 木造
  • 階数 : 2階
  • 建築面積 : 105.09m²
  • 延床面積 : 164.07m²